ゆふぃの徒然なるRO日記

ラグナロクオンラインとリアルの日記です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここに一枚のssがあります。
当時の友人が撮ってくれたものです。


SS送るね





今日5年ぶりぐらいに懐かしい人に会いました。

ROを始めたのは、夜勤明けで家に帰っても、また夕方には泊まりだから漫画喫茶で時間を潰していたときに、たまたま見つけたのがきかっけ。

オンラインゲームなんて知らなかったし、ROが初めてでした。


実際始めるとちょっと面白くって、それで職場の仲間、二人を誘ったんです。
性別的には男女女の構成でした。

実際のところ、この業界ではかなり殺伐としていて、忍耐力と、精神力が必要とされてて、耐えられず病んでいく人が多かったです。

自分が殴られてたり、かみつかれてたりすると、遠くからでも駆けつけてくれて、助けてくれる、もちろん逆もあったけど、現場力やチーム力はとっても高かった。
戦場の友?みたいな感じ。


日々みんな疲れて、飲みにいく力さえなくて、プライベートはバラバラだったけど、現場ではとっても信頼できるいいチームでした。


そんなとこで、ユフィがROを始めて、とくに仲の良かった2人を誘って、毎日30分でも時間が合えば、みんなでinして、狩りしてました。



装備なんてないから・・・プパとかなかったし、お金なんてもっとない。
ミルク代で消えてたしね~。

当時の構成は、Aさん(男)阿修羅志望のアコさん、Bさん(女)両手剣志望の剣士さん、ユフィはマジシャンでした。
MHP250とかね。。。

3人でカタシムリを倒しに、ひーひー言いながら叩いてたのを思い出します。
プロンテラなんて行ったことないから、ゲフェン近辺でうろうろしてました。

いつだったか、「目指せプロンテラ」を目標に、ゲフェンから歩いて、道に迷って、毛虫にぬっころされて、泣きながらみんなでもどったら辻支援とかもらって、感動したり、かわいかったものです。


2次職になるまで、何カ月かかったんだろう。

みんなで仲良く、わいわいやりながら、手伝い、手伝われ育った気がします。


2次職になってからもやっぱり3人一緒で、ゲフェンDにいっては、馬と競争したり、魔剣にチャレンジしてフルボッコされたり、死んじゃう回数は多かったけど、とっても楽しかった。


それぞれが、違うGに入って、それぞれのROの楽しみ方を見つけて、どんどんLVがあがってくほかのひとを見ては、うちも負けてらんない!と自分のGMに引っ張ってもらったりしてた。
それでも3人で狩りにいく頻度は前と変わりなくって、お互いに成長したキャラを見せあって、自慢しあって、励ましあってた。


現実は、リアルは、どんな仕事であっても、とてもしんどいもの。
だからこそ、offには息を抜いて、ストレスふっとばして、また前に進もう!って気にならないといけない。
自分にとってROは現実で頑張るための、一つの息抜き要素であって、活力だった。

その点はとってもROに感謝してます。


ROがなかったら、その二人ともプラベで遊ぶこともなかったし、Aさんと「C」さんが結婚することもなかっただろう。(このとき、ユフィは恋のキューピット役を見事に果たした。)


私が職場を辞める時、笑って送ってくれた二人。
またROで狩り行こうね、と。

職場が変わって離れても、ROだと普通に会えるもんねと。



私が辞め、Bさんがやめ、Cさんもやめ、Aさん一人になった。
Aさんは今でもその職場で孤軍奮闘してる。


このSSはユフィがオーラを吹いたときのSS。

みんなで最後に遊んだ時のSS。

それぞれの人生の道を歩む、まさに分岐点にいたときのSS。



現場で共につらい時期を耐え、励ましあい、泣きあい、切磋琢磨してた頃。
袂を分かち、それぞれの突き進む道を見出し、少しずつ距離が離れていった。

実際の距離がROの距離と比例していった。



久しぶりに、その二人と会った。

でも、話はまったくかみ合わないで、気を使いながらの飲み会になってしまった。

それでいいんだと思う。



価値観が変わったことは、その人がそれだけいろいろなことを見聞し、血肉とし、成長した証。
私も変わったんだと思う。成長したんだと思う。

それでも、やっぱりこのSSを見ると、当時の懐かしさや、楽しさや色んな思いが去来して、悲しくなってしまう。


色々なつながりを与えてくれたRO。
自分の成長を感じさせてくれるRO。



離別は悲しいことではない。
なぜなら、話がかみ合わなくっても、その根底にある芯は、当時の現場で培われた、変えるに変えれない強いもの。
「人を人として」という、当たり前だけれど、忘れがちな、けれどとても大事な人としての信念。


芯が同じであれば、そのあとの枝葉の育て方は、その人次第。
それでいい。

深いつながりがあると思う。





今でも私のソロGには、当時の二人が残ってる。


いつかまた、ひょんなことから、一緒に狩りにいける日がくることを望んでいるんだと思う。




去っていってしまった人は去っていき、残るものは残る。
私も後者の一人だ。


けれど、今もまんざらじゃない。
むしろとても幸せな環境にいるんだと、しみじみ思う。


ほぼ私的Gにもかかわらず、ずっと席をおいてくれて、今でも一緒に狩りにいってくれる、劉さん。
劉さん、ありがとう。


冤罪を被り、底辺に落ちてた時に、狩りにさそってくれ、装備をかしてくれて、オーラまで導いてくれ、今でもコメントをたくさんくれる、りらさん。
ありがとう。


ソロばっかりで、腐ってた時期に、ETや名無しや棚に連れて行ってくれたEomのみなさん。
ありがとう。


いつもみんなのことを考えてくれて、裏方にも率先役にも徹してくれて、とにかくみんなが楽しめて成長できるようにって頑張ってくれている、そらさん。

自分の立ち位置をしっかりもってて、クールに見せつつ、楽しませ方をしっていて、優しい、りくちょん。

そらさんのいないときにしっかりと代役を果たして、それでいて物事をきっぱりと言えて、人一倍気遣いができる火さん。



気がつけば、たくさんの素敵な人に恵まれてる自分がいる。
戦術も、テクニックも、知識も何にもない、へたくそな自分なのに、いつも温かく接してくれる。
本当にありがたいです。


昔のことは良い思い出。
今いる素敵な人たちと、これからも素敵な思い出を作っていきたい。


今でもROは自分の逃げ場所。それは否定しない。
みんなでワイワイ話をしたり、馬鹿なことをしたり、狩りに行くのがとても楽しい。

だから、いっぱいSSとろうと思う。




やばい、涙が止まらないぜ。

スポンサーサイト

コメント

自分も昔を思い出しました。
始めた当時中学生だった自分に一緒にROできるリア友なんていなかったけど、RO内で火さんやソラさん、EMのメンバーがいなかったらRO続けてなかったね。
一時休止とかしてメンバーもへちゃって、グダグダだったけど、ユフィさんが火をつけてくれた。
こちらからも感謝ですよ。

というか俺はそういうキャラなのかー
自分じゃよくわからんな
課金しないと!
2011/10/15(土) 07:13:05 | | りく #-[ 編集]

ワールド移動、新しい夢に向かって去った人、落胆して去った人etc
自分も多くの人たちと袂を分かったきましたが、別れの時は毎回同じ内容の自問しちゃってますね。
内容はアレだし、他人のブログなので書きませんが。
昔のSSを見た時はユフィさんと一緒で懐かしい一方、寂しさも感じてしまいますね。
リアルの写真でも一緒ですけどw

後、基本ギルメンの知り合いはギルメンと同等に思ってるので気にしなくて良いですよー
お互い多忙な身でなかなか会えませんが、また何処かへ狩りに行きたいですねー
2011/10/16(日) 10:37:21 | | Reraの人 #ZpjyWQU6[ 編集]
りくちょん
え?クールとギャクを持ち合わせてるのが、りくちょんでしょ~。
ギャグに同調してくれるしねぇ。
それって、お笑いの素質よ、そ・し・つ。
2011/10/16(日) 23:06:50 | | ユフィ #-[ 編集]
りらさん
会者定離はどこの世界でも同じですからね。
まぁ思い出は優しいので甘えるのはたまにですね。

とりあえず、りらさん拉致ってニアいかないと。
2011/10/16(日) 23:08:57 | | ユフィ #-[ 編集]

もー、こんなの見て職場でないちゃったらどうするのさ!
私は自分が楽しむためにみんなを巻き込んでるだけです。そんないい人じゃないのですよ。
2011/10/18(火) 08:28:27 | | そら #UoDp4.cE[ 編集]
そらさん
ぎゃ…なんかゴメンナサイ

家で見るとですよ!


オープンチャットを見てるといつもラグナの勉強しなきゃなあ、腕上げなきゃなあと思うんですが、実際は…(ry
2011/10/19(水) 10:28:22 | | ユフィ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rosesyuffie.blog76.fc2.com/tb.php/278-a9781fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。