ゆふぃの徒然なるRO日記

ラグナロクオンラインとリアルの日記です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機嫌悪いじょーこのやろーヾ(`Д´)ノ
もう寝ます!!
今日は東京都の就労支援機関の方とまぁ、月例の情報交換の日でした。
15-17時で職場にて、ミーティングでした。
17~深夜までの飲み会がとても大切っ!と横浜市では言ってみる。。。

まぁ強引に飲み会になったわけですが、ちょっと早い忘年会ですね^^
まぁ結論から言うと、とーーーーーーってもくやしい思いをしました。

私の基盤が福祉施設出なので、就労支援・ジョブコーチになるときに気をつけようと思ってたことは、
福祉色ではなく、きちんとした社会の一員とした見解
でした。
けれど、やっぱり温度差は激しいです。
初めてお会いする方もいたのですが、○○○出なら、自閉は全部まかせて大丈夫ですね!といった見方;;
それなりに、利用者の支援の仕方、特にアセスメントの大事さであったり、技法はさておき、個別にあった支援の仕方というような考え方はきっちり学んだつもりです。
自閉症の基本的な特性(三つ巴)を除き、度合いや出方などはひとそれぞれ。であるから、その人その人にあった、支援方法を持ちいえなければならないわけで、TEACCHや行動療法、大田ステージなど技法にこだわらず、(基本的な考えは確立してますが)その人がよりよい生活であったり、職業場面で充実した生活をおくれるようにするのが本来の仕事とおもってました。
福祉社会において、出自はとても重要なステータスになります。
私は自閉症分野において、常に先駆的な施設にいて、自閉といえば○○というようなとこにいました。
施設を辞め、外で自分の力を出そうとした時、いい面でも悪い面でも出自は左右されます。

近年では、小手先の支援しかできない、施設や職員が多いといわれます。技法にわかれて、派閥を作ったりする始末。

けれども私たちは利用者と向き合い、常に実戦をし、学んだものがあります。
支援の苦労は書き尽くすことはできないですが、自分の時間を削って、自分を殺して、自分を傷つけてまで、支援しそこから学んだものがあります。
シャウさん、ムーさん、秋さん、つぶらちん。。。そうだよね??
報われることなく、はいつくばって踏ん張ってるよね?
それには、利用者と向き合うをいう姿勢があったからだよね?
それは、今私の自信を形成するものでもあります。

施設や作業所から就労に結びつくことは、近年では障害者雇用率のために活発ですが、軽度の人はすでに雇用され、今後は軽度や重度へ目を向けられる時期がきそうです。
ですが、重度の方へ支援できる人材が枯渇している状態です。
それに比例して、会社側も要求する仕事の水準を下げることにより、雇用率をあげています。
まぁ支援たら、雑なものです。
できない仕事はありません。できるように細分化・工夫し、渡すことがジョブコーチの仕事であり、目の前にある仕事を基準で可不可を決定することは怠慢以外のなにものでもありません。

施設・作業所側からの会社への就労はとてもハードルの高いものです、ですが実際は会社の要求する基準は低いものがあります。
ただ、雇用する上で基本的な水準はありますが・・・(自立した作業能力、手先の器用さ、コミュニケーション、社会性など)
水準を考えると施設・作業所は個別的なジョブコーチなしではハードルが高いと思われます。
要求水準に対しては合格ですが、基本水準で不可が多いかも・・・。

これまでの生活場面・余暇場面・職業生活場面という本人の24時間を通してのアセスメントではなく、生活場面は通勤寮・職業場面は会社・風通しを就労支援部門といった形態で、実質職業場面でしか本人のアセスメントを行えません。

問題行動は目に付くほど、なんとかしなきゃ感をつのらせますが、就労している殆どの方は、他害・自傷なく自分でカームダウンできます。
なにが恐いというと、3部門でそのことが目にとまらないことです。
大声で叫んでるね~、あーパニックだね~
ぐらいの認識です。
ですが、本人の立場で考えると、どうにもならないストレスが小さいながらもそういった表現で出してるんです。
人を傷つけたりすることはないにしても、パニックはパニックです。
出方が小さいからといって見過ごしていいのか??
パニックには即時的にしろ遅延的にしろ必ず原因はあるはず。
仕事上では厳しくしますが、そういった弱い場面では支援が必要であるはず。だから障害者なのに・・・
困っているのに伝えられない、ストレスがたまって爆発。
そこを見過ごしてどうするんですか!
対処療法ではなく原因の追求と解明、新提示によりストレスフルな状況から開放するとともに、ヘルプをだすというコミュニケーションの訓練が常に必要と思ってます。

現在は自分の理念や技術がからまわりし、もんもんすることが多いです。これまで120%の自力を出して毎日をなんとかこなしてきたのに、今は30%ぐらいでしかやれない・・・。

ここは8-17時ですが、19時以降は残業するなだって。。。
残業はないにこしたことないけど、把握検討がおそろかになるのはイヤで不満。。。

週3ミーティング22時までとかざらだったよね??
あれ今日M勤で7時半からいるけど?とか今日夜勤明けだけど?とかいろいろあったのにね;;

少しずつ反発して、仕事の仕方や理念を変えてってやろうと思います;;

仕事させれ~~~本来のっ!!
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/07(木) 01:37:28 | | #[ 編集]
も~んも~んもんもんもんもん
ユフィちんの悶々とした気持ちはとってもよくわかります。
必要ないって言う人もいるのかもしれないけど、私は、ゆふぃちんは間違ってない!って思います。

実は、私も同じように悶々としながら仕事してるから・・・モンモン族ですね^^;

私は、会社ではなくて就労支援機関で仕事してますが、「評価なんて必要ない」とまでは言われないけど、十分評価をする前にみんな就職していってしまうの・・・
押し流されて行っちゃうって感じです。

確かに、本人のことよくわからなくても、会社が要求した仕事がこなせれば、別に生育暦とか家庭環境とか本人の趣味とかわからなくてもいいんです。(会社としてはね)
一般の会社員が仕事の時間中お互いに観察しあって、「ミスが何回。どこの工程でつまずくのか。全工程自立するまでに何回かかったか」な~んて見ているわけないし。観察していても、「それならこの工程をさらに細分化して・・・」なんて話はしないですよね。
結果が出せていれば、どんなやり方でも、何をしていても基本的にはOK
だから、結果的に四ツ折りになっていれば、たてから折ろうが、横から折ろうが問題ないし、下手したら、封筒に入れ忘れずに入っていれば、なんだっていいってことだってざらです。
だから、そんなに本人のこと細かく見なくても、知らなくてもいい。

会社だから、それでいいと思うんです。会社だからね。ドライでいいんです。
病院とか療育とかの場所じゃないんですし。一人の会社員、一人の人としてかかわってくれたほういいんです。

だけど、会社へ就職する前に所属する支援機関とか施設とか、就職の準備のお手伝いをするところは、会社が必要と考える情報も本人の代弁者として持っていないといけない情報もきちんとそろえていないといけないんだと思ってます。

本人は、毎日必死に頑張ってるんです。主張しているんです。
なのに、会社の人も理解してくれない、手伝っていてくれたはずの人も自分のことをよくわかんないっていう・・・こんなのって酷すぎる!って思うんです。
別に、本人の立場だけで言っているわけではなくて、会社だってそんなの聞いたら、よくわからない人をうちの会社に押し付けたのかって思いますよね?
(会社に勤めている方どうですか?)

「評価」っていうから堅苦しくなると思うのですが、本人のよき理解者になるってことですよね。そんな何から何まで簡単にわかるわけはないけれど、それでもできれば、過少でも過剰でもない目で見て欲しいですよね。
会社によき理解者がいる。これが、最高なんだとは思います。だから、ユフィたんが、向き合うことは必要だ!というのは間違いじゃないし、みんながそう思っていてくれたら、就労支援機関のジョブコーチなんて必要ない!って思ってます。それに、必要ないっていってもらえるといいな~って思います^^
(私は生活できなくなっちゃう!?)


やっぱり、育ってきた環境が恵まれていたというか、仕事のやり方の基本が違うんですね。つくづく感じます。
評価の仕方、見るポイント、ポイントの絞り方。
障害特性に頼りきらず、まず、向き合う。ここからスタートで、この期間を丁寧にする。とても大事な期間。場所が変わった今でも、そんな風に考えるって、今までしっかり叩き込まれてきたものがあるからなんだなって思います。

このやり方は、絶対必要!これだけは譲れません。このやり方に、私も存在価値があると思ってます。だから、今はあんまり理解されなかったり、表面的に共感されたり・・・日々「違う」って思っていても、私まで流されてしまったら誰が防波堤になるのって思ってます。

大げさなこと言ってるけど・・・私一人で、何ができるってわけでも、私に何か特別な技術があるわけでもないけど・・・
一生懸命頑張ってる人の横にさりげなくいて、「頑張ってるね、それでいいんだよ」ってちゃんと言えたらいいな~って思います。

・・・ちゃんと評価できる人って、ホント少ないです・・・(ボソ
私も含めてカナT△T


2006/12/07(木) 02:11:55 | | 陸奥 つぶら #-[ 編集]

つぶらさん、就職支援機関で働いているんですか~

今度、もう少し詳しく話しをしてみたいですね、これから就活迎える身としては。




2006/12/07(木) 20:05:21 | | 旅鴉 #-[ 編集]

総合プロデュースできるような機関が必要だと思う。
本人、家庭、職場や学校、医療、行政等々。その人が関わる環境に携わっていけるように。
できれば、障害が分かってから小さな時からずっとその人に関われるような仕事がしたいな~。
そういうとこってないのよね。
そう考えると、某た◎×ら先生ってすごいな~って思う。
その人を支えている基盤となるパイプ役がないから、ジョブコーチとして支援していても消化不良になってしまうんでは?

世の中、ほんとに必要なことを教えないよね。
福祉大学もちゃんとしたこと教えないとだめだよ。
もっといえば、小学校とかうまく交流学級とかやって障害について広く知られることが必要なのかなと。障害もってるとか持ってないとか関係なくて、相手のことを考えて、必要であれば相手ができるようなサポートをする、今の世の中に一番欠けているもののような気がする。
自分本位でしか物事を考えられないような、価値観も偏ってる世の中ですもの、難しいのかな。

文才ないので、自分の思いを文章にできないもどかしさ・・・。
2006/12/07(木) 21:47:05 | | 真・ムーミン #-[ 編集]

むーさん^^
ひさしぶりですね~
むーさんの言う通りなんです。
あるようでない機関。。。それが、コーディネーター専門機関です。

今は、なんだか「ジョブコーチ」って単語だけすごく注目されてて、ちゃんとやってる人もいればよくわからないでやってる人もいるのが現実。
就労って面で言うと、これからは単純にその人をきちんと評価して、仕事を教えて・・・なんていうのは必要なくなってくると思います。
就職した先の会社の中でやっているジョブコーチさんが頑張ってくれています。
だから、そうなってくると会社の人には太刀打ちできません。会社の人のほうが、仕事はよくわかっているし、毎日その人と向き合うことができるから。
いらないんです。私が今やってるみたいな仕事は^^

それで、これから何が必要なのかなって考えるとその人の職業生活、家庭生活、地域生活、社会資源とのリンク・・・そういった本人を取り巻く幅広い生活のサポートが必要で、どうやったら地域とのつながりがしっかり作れるかっていうのを考えてつなげていくことができる役割が求められてくるんだと思っています。

それには、もちろん本人の背景や特性も知らないといけないし、その地域のことも知らないといけない。そういう「鳥の目と虫の目(by○水さん♪)」をもてる支援者になりたいですね^^

旅鴉さん
就労支援機関で仕事してるんですが、私の場合福祉分野なのでお役に立てるか自信がないですが、ぜひ声かけてくださいね~^^v


2006/12/07(木) 23:20:00 | | 陸奥 つぶら #-[ 編集]

ユフィちゃん頑張ってるね。
一時は現場に辟易していた感があったから心配していたけど、揉まれながら頑張って、踏ん張ってる姿をみて安心しました。

すごく思いが詰まった文章を読ませてもらいました。

考えなくちゃいけない事はとってもシンプルで『何がその人に必要なのか?』って事だと思うんだよね。
それをコーディネートして提供していく事が求められているんだと思う。
ショプラーが「自閉症の療育者」の中で言ってた。
『私たちはスペシャリストになってはいけない。ジェネラリストにならなくてはいけない』と。
勿論自閉症やその他の障害でも「障害を知る」という意味ではスペシャリストにならなければいけないと思うけど、「人の人生を考える(必要な支援をコーディネートする)」ってのは偏った視点(一方の視点)だと、どうしても限界が見えてきてしまう気がするんだよね。
だからこそ、領域や障害にとらわれず、1人の人間への支援として考えていきたいね。

けれども悲しいかな、福祉業界に浸かれば浸かるほど「個性(個人・人間)ではなく障害で分けてしまう」傾向があると思うね。
個人的な見解だけど、俺が彼らと向き合う時(支援する時)に、気を付けるのは、「社会の一員として考える」事。次に「個々の個性・人格を考える」それから「ハンディとなる障害を考える」事じゃないかなぁ・・・。

特化型が悪いのではなく「特化した視点も備えながら全体を見る」事かなぁ。
あれだ、「ハロウド一本では㍉、複数の属性・特化武器をスイッチする」って事だw

福祉業界は領域によって、余りにも専門性が特出しすぎていて、「その場」だけしか見ない事がおかしな弊害を生み出している気がするね。
「施設の中だから平気・この程度でイイダロ」って考えが蔓延しすぎてる気がするよね。

できる部分は限られているし、自分の領域以上の事を望まない日本の福祉でやっていくのはツライかもしれないけど、やってくしかないから死なない程度に頑張ろうよw

とりとめもなく、感想や考えを列挙してしまいました。脈絡のない文章ですいません。
また、ゆっくり話し聞かせてね。

よっしゃ年末、みんな集めて飲み会しるよ!
2006/12/08(金) 01:49:15 | | シャウル #-[ 編集]

つぶらっち、おひさ~^^
そのうちみんなで、なんか作ろうぜ、マジで。
ありそうでなきゃ、作ってしまえ。
みんな集えば、すごい集団になるぜ。
ほんとは制度的に仕組み作られていて、国民みんなが恩恵を受けられるように、行政がすべきことなんだと思うけどね。

厚労省、仕事しる~
2006/12/08(金) 22:42:15 | | 真・ムーミン #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rosesyuffie.blog76.fc2.com/tb.php/93-7c7a52a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。